AMATERU2.0のインストールの方法〔Windows〕

前提条件

JRE6がインストールされていること。
JREの最新版は、 http://www.java.com/ の「無料Javaのダウンロード」で取得できます。
 "amateru_installer.jar"はJavaで書かれているインストーラで、様々なプラットホームで動作します。
 インストールには管理者権限のあるアカウントが必要です。

Windowsにおけるインストーラの振舞い

 プログラムと天文暦を所定のフォルダにコピーしたり、ショートカットを作成したり、「アプリケーションの追加と削除」に登録を行います。

インストーラーの起動方法

"amateru_installer.jar"をダブルクリックする方法

 JRE6が正しくインストールされていれば、ダブルクリックでインストーラが起動します。

 WinVista, Win7の場合、管理者アカウントであってもUACによる保護機能が働いている場合、レジストリや"C:\Program Files"へのアクセスが禁止され、インストールできないようになっていますが、インストーラには権限を昇格させる機能がついています。
 保護機能が有効の場合、画面が暗転し「ユーザーアカウント制御」のウィンドウが開きます。「はい」を選択しコンピュータへの変更を許可するとインストールできるようになります。
 「標準ユーザー」のアカウントから起動した場合は、管理者パスワードを入力するとインストールできるようになります。

 「ユーザーアカウント制御」のウィンドウが表示される直前に、画面が一瞬真っ暗になることがあるようです。なにかよからぬ事が起きたように感じてしまうかもしれませんが驚かないでください。

 Win2000,WinXPの場合、UACは無いので昇格は行われません。ですから必ず管理者権限のあるアカウントでインストールしてください。権限がないアカウントではインストールできません。

 WinXPでインストーラをダウンロードした際、拡張子が勝手にjarからzipにリネームされてしまう事があるようです。zipに変更されていると当然インストールできません。そのときはjarにリネームすればよいようです。

 jarファイルのダブルクリックによる起動は、ファイルの関連付け機能を使ったものなので、関連付けが変更されていると起動できません。そのときは後述のコマンドプロンプトから実行する方法があります。

コマンドプロンプトから起動する方法

 Win2000, WinXPは「スタート→アクセサリ→コマンドプロンプト」。
 Win7は「スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプト」の上で「右クリック→管理者として実行」。
 amateru_installer.jarのフォルダに移動し、javaw.exeを使って起動します。
 たとえばインストーラがC:\Users\ohsawa\Downloads\amateru_installer.jar"にある場合は次のようにします。 もしくは

アマテルの起動方法

 スタートメニューもしくはデスクトップに作成されたショートカットから起動できます。

アンインストールの方法

 「アプリケーションの追加と削除」からアンインストールできます。
 またはスタートメニュー→AMATERU2.0→アンインストール。
 アンインストールにも管理者権限が必要です。

HOME