幽体離脱は身体トレーニングです

 幽体離脱の練習法は武術やヨーガのような身体のトレーニングです。身体は意識が動かすものでもあるので、身体の訓練と精神の訓練は元来不可分なものです。

もともと幽体離脱は、ヨーガや密教の行者が行っていたようです。彼らは長時間瞑想するために坐法(ざほう→座り方)や横臥法(おうがほう→横たわり方)、呼吸法、精神の集中法などを編み出してきました。瞑想しているうちに幽体離脱が起きる事も知るに至ったのでしょう。ヨガ行者が様々なポーズを練習するのは、結局のところ長時間同じ姿勢で瞑想するためです。肉体感覚は意識に様々な印象をもたらし、意識はそれに反応します。(その逆もまた真です)。だから筋肉をできるだけ動かさなければ、意識をさざ波一つたたない状態に保てるという理屈です。とはいえ、そう理屈通りにもいかないですけど。

そのようなわけで瞑想の意識状態に近い幽体離脱の最初の鍵は、肉体の感覚を遮断することにあります。その助けとなるのが、体の力を意識的に抜く弛緩(しかん)法と呼ばれるものです。

全身の筋肉の力を抜き筋肉からの刺激をゼロに近づけてゆくと、やがて手足の感覚が消えてゆきます。感覚が消えてゆくと体が消えてゆくように感じます。最後には完全に全身の感覚が消滅するのですが、幽体離脱にはそこまでは必要ありません。ある程度消せればOKです。

HOME