幽界は記憶の中の世界なのか?

幽体離脱したとき肉体の目は閉じているし手足を動かす事もありません。肉体は眠っています。それなのに体脱中の本人は、ちゃんと目が見えるしその他諸々の肉体感覚をもって行動しています。肉体に外部からの印象入力が無いにもかかわらず、外界を認めてそこで活動できるので、人は幽体をもっているという考え方もあるわけです。それに対して、それは脳が見ている内的なヴィジョンだという考え方もあります。

体脱したときしばしば自分の住んでいる部屋の中に立っていて、寝ている自分の肉体を見下ろす経験ができますが、その部屋の窓ガラスを割るなどして、そのあと肉体に戻ったとき窓ガラスが割れているということは無いわけです。だからこれは脳が見せている夢や幻覚のようなものだという考えも出てくるわけです。自分の部屋は、もし部屋が真っ暗だったとしても、手探りでどこになにがあるか、把握できるくらい良く知っているものだと思います。部屋の空間情報すべてが記憶の中にそっくりそのまま入っていて、幽体離脱中はその記憶によって再現された空間の中に入り込み、その空間があたかも存在するかのように思っているだけという見方も出てきます。

しかし幽体離脱中、当人は体脱中である事を自覚しており、そのとき自分のいる部屋が実際の部屋とは同じではない事にも気がつくことがあるのです。つまりあるべき物品が消えているとか、あるわけない物品が有るなどと気づくのです。もし純粋に記憶の中のみの世界なのであれば、そのような相違が起きるのは奇妙な気もします。自分の記憶が再現された幻想の部屋の中に入って、「これは実際の部屋と相違点がある」と気づくわけがないのでは。それだと実際の部屋に対する正確な記憶と、相違点のある記憶、二つを平行してもっている事になります。そういう事が無いとはいえませんが、そんな無駄な事を脳はやっているのでしょうか。

記憶は一体どこに蓄えられているのでしょうか。それは脳に記憶されているとか言われます。逆説的に「脳のある部位が破壊されるとこういう記憶が失われる」などという言われ方もします。とはいうものの、脳にどのように記憶が保管されているかが解明されはいません。コンピュータの記憶はすべて二進数の数値表現として記憶装置に蓄えられ、その際のフォーマットが決まっています。ですが人間の記憶がどのような形で保管されてるのか、まだ分かってはいないようです。もしそれがわかれば、脳の中から記憶を読み出す事が可能になるでしょう。「脳のこの部位は記憶に関係しているらしい」と言えるだけであって、「脳のこの部位に記憶されている」とは言えません。もしそのように言うなら、「ではその記憶そのものを取り出して見せてみろ」と言わねばなりません。

ドイツのオカルティスト、R.シュタイナーは記憶は脳にあるのではなく、エーテル体にあるのだと言いました。エーテル体は科学的には認められず、いわゆる超感覚をもった人々は見えると主張する体です。つまり科学的には無いものが記憶を蓄えているのだというのです。科学者は絶対認めないでしょう。エーテル体はみえる人には見え、見えない人には見えないのですが、何百人も見えるという人が出てくると、もうそれは有るんだという事にして話を進めていく人々も出てきます。本当に見える人々にとっては、それは実在としか言えないものなのですから。だからシュタイナーは見えない人々に対しては、それが見えるようになる方法を書いた本「いかにして超感覚世界の認識を獲得するか」を残しました。そういう人々を疑似科学とかキチガイよばわりする人々もいるでしょうが、それはそれで考え物で、見えない人は本当のところ感受性がニブイだけかもしれないわけです。

記憶の中の世界だと言うのは簡単ですが、我々は記憶というものについてどこまで正確に知っているのか分かったものではありません。自分の知っている事をすべて書き表す事は不可能でしょう。思い出せなくなった記憶もあるでしょうし、そうなった記憶がひょんな事をきっかけに思い出せたりもします。百パーセントの精度で、自分の記憶すべてに光を当てる事は不可能です。生誕から今までの記憶と、そして未来に向けて望んでいるヴィジョン、それらはみな記憶です。漠然としか思い出せなくても、それはどこかに存在しているから思い出せるのです。記憶が脳にあるのであっても、エーテル体にあるのであっても、とにかくどこかにデータが蓄積されているはずです。そしてどれほどの事を記憶しているか、人はすべては自覚できないものだと思います。いや、おそらく、ほんのわずかしか思い出せないというほうが正しいかもしれません。

HOME