XIII
XIII

明日があると思うから、足がすくんでしまう、こわくなってしまう。
失うものをひとつ残らず失ってしまえば、何もこわくなんかない。


Home