XVI.神の家
XVI.神の家

去ってゆくものは去らせよう、とどめてもしこりが残るだけ。
とどまったものだけが自分の同志、再出発の元手になる。


Home