VIIII.隠者
VIIII.隠者

本当に好きだから、打ち込んだから、あとさき考えずに進んできた。
その栄光と、うらはらの悲哀を、最後には誰しもが受け取ることになる。


Home