動作不良の原因を調べるには

Javaコンソール

Javaコンソールの画面

 Javaコンソールを開いておくと、アマテル実行中に、様々な情報が表示されます。プログラムにエラーが発生した場合も、それが逐一Javaコンソールにレポートされます。
 Javaコンソールはアマテル起動とともにオープンしますが、デフォルトの設定では無効になっています。  マウスのドラッグ操作で表示されているテキストを選択し、コピーボタンを押すと、その内容がクリップボードにコピーされます。それをメール等にペーストして作者に送ってください。

Javaコンソールの有効化

Javaコンソールの有効化

 有効化するにはコントロールパネル→Javaを選択し、Javaコントロールパネルを開きます。
 詳細タブをひらき、ツリーの中から「Javaコンソール→コンソールを表示する」を選択し、了解ボタンを押します。 こうしておけばアマテルを起動するたびに、Javaコンソールが開きます。

Javaコンソールに表示されるアマテルの動作情報の例

Java Web Start 1.6.0_07
使用中の JRE のバージョン 1.6.0_07 Java HotSpot(TM) Client VM
ユーザのホームディレクトリ = C:\Documents and Settings\ohsawa
----------------------------------------------------
c:   コンソールウィンドウをクリア
f:   ファイナライズキューのオブジェクトをファイナライズ
g:   ガベージコレクト
h:   このヘルプメッセージを表示
m:   メモリ使用率を表示
o:   トリガログ
p:   プロキシ設定を再ロード
q:   コンソールを非表示
r:   ポリシー設定を再ロード
s:   システムプロパティと配備プロパティをダンプ
t:   スレッドリストをダンプ
v:   スレッドスタックをダンプ
0-5: トレースレベルを  に設定
----------------------------------------------------
■実行開始
Java Web Start Activated : true
APPLIB = http://tetramorph.to/amateru/app/applib/
update.propertyにしたがってファイル更新
update.propertyにしたがってファイル更新中
dbfile = file:/C:/Documents and Settings/ohsawa/.Amateru/data/starbase
[Server@238a47]: [Thread[javawsApplicationMain,5,javawsApplicationThreadGroup]]: 
                 checkRunning(false) entered
[Server@238a47]: [Thread[javawsApplicationMain,5,javawsApplicationThreadGroup]]:
                 checkRunning(false) exited
[Server@238a47]: Startup sequence initiated from main() method
[Server@238a47]: Loaded properties from 
                 [C:\Documents and Settings\ohsawa\デスクトップ\server.properties]
[Server@238a47]: Initiating startup sequence...
[Server@238a47]: Server socket opened successfully in 0 ms.
[Server@238a47]: Database [index=0, id=0, db=file:/C:/Documents and Settings/ohsawa/
                 .Amateru/data/starbase, alias=] opened sucessfully in 7297 ms.
[Server@238a47]: Startup sequence completed in 7297 ms.
[Server@238a47]: 2008-10-30 13:42:43.437 HSQLDB server 1.8.0 is online
[Server@238a47]: To close normally, connect and execute SHUTDOWN SQL
[Server@238a47]: From command line, use [Ctrl]+[C] to abort abruptly
データベース接続完了
ストアドプロシージャ登録完了。
Load ChartModule: to.tetramorph.starbase.chartmodule.NPTChartPlugin
Load ChartModule: to.tetramorph.starbase.chartmodule.ReportPlugin
Load ChartModule: to.tetramorph.starbase.chartmodule.AffinityChartPlugin
Load ChartModule: to.tetramorph.starbase.chartmodule.SignGraphPlugin
Load ChartModule: to.tetramorph.starbase.chartmodule.OBEGraphPlugin
Load ChartModule: to.tetramorph.starbase.chartmodule.TestPlugin
Load ChartModule: to.tetramorph.starbase.chartmodule.TestPlugin2
データベース接続完了(guest account)
jar file found = searchmod.jar
Load SearchModule: to.tetramorph.starbase.search.TextSearchPanel
Load SearchModule: to.tetramorph.starbase.search.AspectSearchPanel
Load SearchModule: to.tetramorph.starbase.search.ZodiacIntegerSearchPanel
Load SearchModule: to.tetramorph.starbase.search.ZodiacSearchPanel
Load SearchModule: to.tetramorph.starbase.search.NoAspectsSearchPanel
jar書庫からサビアンファイルをロード
valueChanged() : [データ, 有名人]
★★★★★★キター!★★★★★★★
init()処理完了
AspectShowMode = 1,1,1,1,1,1,0
AspectShowMode = 1,1,1,1,1,1,0
init()処理完了
AspectShowMode = 1,1,1,1,1,1,0
setSpecificConfig()完了
AspectShowMode = 1,1,1,1,1,1,0
init()処理完了
AspectShowMode = 1,1,1,1,1,1,0
AspectShowMode = 1,1,1,1,1,1,0
チャートモジュール選択
setModuleModeを実行 : 1
トランジット: ノーマル三重円
起動処理完了

HOME